VirtualBoxにUbuntuをインストールしてみよう!

「VirtualBoxにUbuntuをインストールしてみよう!」のサムネイルUbuntu

はじめに

この記事では、VirtualBoxUbuntuのOSイメージのダウンロードから前回の記事で紹介したVirtualBox上にUbuntuインストールする手順を紹介します。この記事でインストールするのはUbuntuのGUI(Graphical User Interface)版となっているので、初めての方でも扱いやすいOSになっています。

UbuntuのOSイメージのダウンロード

公式サイトにアクセスを行いUbuntuのOSイメージをダウンロードします。

※今回は、GUI(Graphical User Interface)版である、Ubuntu Desktop 20.04.2.0 LTSをダウンロードします。

画像のように【jp.ubuntu.comのダウンロードページへ】に進みます。

Ubuntuのダウンロードページ

【Ubuntu Desktop 20.04.2.0 LTS】の【ダウンロード】をクリックします。

Ubuntuのダウンロードページ

VirtualBoxの設定

VirtualBoxに仮想マシンを作成

VirtualBoxを起動し、【新規】をクリックします。

VirtualBoxに仮想マシンを新規追加

仮想マシンの【名前】を分かりやすいものを入力し【タイプ】を【Linux】、【バージョン】を【Ubuntu(64-bit)】に変更します。また、【メモリーサイズ】を【2048MB(2GB)】に変更します。

この時に、VirtualBoxを起動させているPCに余裕を持ったメモリーサイズにします。

【ハードディスク】で【仮想ハードディスクを作成する】が選択されていることの確認を行い【作成】をクリックします。

※以下の画像は【ガイド付きモード】ではなく【エキスパートモード】で行っています。

新規仮想マシンの設定

仮想ハードディスクの作成で【ファイルサイズ】を【15GB】に変更し、【ハードディスクのファイルタイプ】が【VDI(VirtualBox Disk Image)】、【物理ハードディスクにあるストレージ】が【可変サイズ】になっていることを確認し【作成】をクリックします。

新規仮想マシンのHDD設定

VirtualBoxでUbuntuのOSイメージをマウント

先ほど作成した仮想マシン(Ubuntu_Desktop)を選択し【設定】をクリックします。

Ubuntu仮想マシンの設定変更

【ストレージ】から【コントローラー:IDE】の【空】を選択し、右画面でDVDのマークをクリックします。DVDのマークをクリックし【仮想光学ディスクの選択/作成】をクリックします。

Ubuntu仮想マシンに仮想光学ドライブの作成

【仮想光学ディスクの選択/作成】をクリックすると【光学ディスク選択】画面が表示されるので、【追加】をクリックし、先ほどダウンロードしたUbuntuのOSイメージファイルを選択します。OSイメージファイルを選択し終えたら【光学ディスク選択】画面で【選択】をクリックします。

先ほど選択した、UbuntuのOSイメージファイルがマウントされていることを確認し【OK】をクリックします。

Ubuntu仮想マシンにUbuntuのインストールイメージのマウント確認

OSイメージファイルがマウントがされていることが確認できたら、起動をクリックします。

Ubuntu仮想マシンの起動

Ubuntuのインストール

作成した仮想マシンの起動後しばらくすると、以下の画面が表示されるので、【日本語】をクリックし日本語にします。

Ubuntuの言語変更

日本語を選択後に表示される言語が変わるので、そのまま【Ubuntuをインストール】をクリックしUbuntuのインストールを行います。

Ubuntuを日本語に設定後Ubuntuをインストールを押下

キーボードレイアウトで【Japanese】から適合するキーボードを選択し【続ける】をクリックします。

Ubuntuで使用するキーボードレイアウトの選択

【通常のインストール】を選択し【続ける】をクリックします。

Ubuntuの通常インストールを行う

今回は、インストール先のHDD全体を利用してインストールするので【ディスクを削除してUbuntuをインストール】を選択し【インストール】をクリックします。

Ubuntuをインストールするために、ディスクを削除

インストールするHDDのパーティション変更を行うか聞かれるので、【続ける】をクリックします。

※実際の端末にインストールする際は、インストール先のHDDのデータがすべて無くなります。

Ubuntuをインストールするディスクのパーティション変更の確認

タイムゾーンの設定を行い【続ける】をクリックします。

Uubntuの時刻(国)の設定

Ubuntuにログインするユーザ名やパスワードを入力し【続ける】をクリックします。

Ubuntuで使用するユーザの入力

インストールが開始されるので、しばらく待ちましょう。

Ubuntuのインストール中

インストールが完了すると【インストールが完了しました】と表示されるので【今すぐ再起動する】をクリックし再起動を行います。

Ubuntuのインストール完了後の確認

【Please remove the installation medium, then press ENTER:】と表示されるので【ENTER】キーを押下します。

※実際の端末にインストールする場合は、インストールメディアの取り出しを行ってください。

Ubuntuのインストール後にEnterキーを押下

以下の画像のように、作成したユーザ名が表示されていればUbuntuのインストールは完了です。

Ubuntuの起動後のユーザ表示

Ubuntuの初期ログイン設定

初回ログイン後に、【オンラインアカウントへの接続】が求められます。
今回は【スキップ】をクリックします。

Ubuntuのインストール後のオンラインアカウントへの接続

【Livepatch】で何も設定せず【次へ】をクリックします。

Ubuntuのインストール後のLivepatch

【Ubuntuの改善を支援する】でシステム情報を送信するか選べるので、自身で選択し【次へ】をクリックします。

Ubuntuのインストール後の改善支援情報を提供の有無

次に【位置情報サービス】をON/OFFを選び【次へ】をクリックします。

Ubuntuのインストール後の位置情報サービスの有無

最後に【準備完了】が表示されるので【完了】をクリックします。

Ubuntuのインストール後の初期設定完了

コメント