スポンサーリンク

Power Automate DesktopでWebブラウザの操作を自動化する方法[#1]

スポンサーリンク
Power Automate Desktop

はじめに

この記事では、前回「Power Automate Desktopをインストールする手順」で紹介したPower Automate Desktopを用いてWebブラウザの自動化を行う方法を紹介しています。
まずは基本となる【 Power Automate Desktopのフロー作成 】と【 Webブラウザの起動と終了 】について紹介します。
また今回は、Webレコーダーを使用せずにアクションを追加する方法を紹介しています。

Power Automate Desktopのフロー作成にてアクションの使用方法などがわからない場合はMicrosoftのアクション リファレンスを参照してください。

アクションの参照 - Power Automate
ここでは、すべての Power Automate Desktop アクションについて説明します

Webブラウザの自動化

Power Automate Desktopを用いたWebブラウザ操作の自動化を機能ごとに紹介していきます。
紹介した自動化処理を組み合わせることで、Power Automate Desktopを使用してWebブラウザの自動化で様々なことができるようになります。

※今回の説明では【 Microsoft Edge 】を用いて説明を行いますが、Microsoft Edgeを使用するブラウザ名に読み替えていただければ、Google ChromeやFirefoxでも同じことが行えます。

フローの作成

まず自動化を保存するフローを作成していきます。
Power Automate Desktopを起動し【 新しいフロー 】をクリックします。

【 新しいフロー 】を押下

【 フロー名 】に分かりやすい名前を付け【 作成 】をクリックします。

【 フロー名 】を入力し【 作成 】を押下

【 フロー名 】を付け【 作成 】をクリックすると別ウィンドウが開きます。
この開いた別ウィンドウで作業を行っていきます。

別ウィンドウの起動を確認

Webブラウザの起動と終了

まずは基礎となるWebブラウザの起動と終了のフローを作成していきます。

【 Webオートメーション 】から【 新しいMicrosoft Edgeを起動する 】を【 ダブルクリック 】または【 Main 】に【 ドラッグアンドドロップ(D&D) 】をします。

【 Webオートメーション 】から【 新しいMicrosoft Edgeを起動する 】を追加

【 新しいMicrosoft Edgeを起動する 】が追加されるとパラメータが選択できるようになるで【 初期URL 】を入力し、【 保存 】をクリックします。

※今回は分かりやすいように【 ウィンドウの状態 】を【 最大化 】に設定しますがデフォルト状態でも問題ありません。

初期URLを入力し【 保存 】を押下

【 新しいMicrosoft Edgeを起動する 】を追加した時と同様に【 遅延 】から【 Wait 】を追加します。

【 遅延 】から【 Wait 】を追加

【 Wait 】のパラメータに適当な数字(今回は3)を入力し、【 保存 】をクリックします。
※ここで入力するパラメータはWebブラウザが起動してから何秒待つかの設定になります。また単位は【 秒 】となります。

【 Wait 】のパラメータに入力

最後に【 Webオートメーション 】から【 Webブラウザを閉じる 】を追加します。

【 Webオートメーション 】から【 Webブラウザを閉じる 】を追加

【 Webブラウザを閉じる 】のパラメータはデフォルトから変更せずに【 保存 】をクリックします。

【 Webブラウザを閉じる 】のパラメータは変更せず【 保存 】を押下

このフローで【 Webブラウザの起動 】から【 Webブラウザの停止 】まで追加したので、実際に追加した通りに動くか試していきます。
下の画像の赤枠の再生ボタンをクリックすると「指定したWebブラウザでページが開き3秒後にWebブラウザが閉じらる」ことが確認できると思います。これでPower Automate Desktopを使用したWebブラウザの基本は終わりです。もし、指定した通りに動かない場合は、Webブラウザに拡張機能がインストールされているかなどを確認して再度同じ手順で実行してみてください。

【 Webブラウザの起動と終了 】で作成したフローの【 実行 】を押下

今回のフローを手順通りに実行すると以下のような動作になります。

【 Webブラウザの起動と終了 】の動作

Webページのデータを取得

【 Webブラウザの起動と終了 】で使用した【 新しいMicrosoft Edgeを起動する 】を最初に追加し、次に【 Webオートメーション 】の【 Webデータ抽出 】から【 Webページ上の要素の詳細を取得します 】を追加します。

【 Webオートメーション 】の【 Webデータ抽出 】から【 Webページ上の要素の詳細を取得します 】を追加

【 UI要素 】を選択し【 UI要素の追加 】をクリックします。

【 UI要素の追加 】を押下

データを読み込みたいWebブラウザでページを開いておき、読み込みしたい項目をマウスカーソルで合わせると文字がついている赤枠(今回の場合は「ul」)で囲まれます。今回読み込みたい要素(Element)であることが分かったので、【 Ctrlキー 】を押しながら表示されている赤枠を左クリックします。

取得するデータがある要素を選択

読み込みたい要素が【 追跡セッション 】に追加されたことを確認できたら【 完了 】をクリックします。

取得するデータがある要素の追加が確認できれば【 完了 】を押下

【 Webブラウザインターフェース 】はデフォルトのままにしておき【 UI要素 】が設定されていることを確認して【 保存 】をクリックします。

【 UI要素 】が設定されていることを確認できれば【 保存 】を押下

最後に【 Webブラウザの起動と終了 】と同様に【 Webブラウザを閉じる 】を追加します。
【 Webブラウザを閉じる 】を追加できたら、想定通りに動くか試していきます。
正常にWebブラウザが閉じられ、データの取得ができれば【 AttributeValue 】に文字が出力されます。

実行後【 AttributeValue 】にデータが格納されていることを確認

今回のフローを手順通りに実行すると以下のような動作になります。

【 Webページのデータを取得 】の動作

お疲れ様でした。これでPower Automate Desktopを用いたWebブラウザ自動化はできたのではないでしょうか。もし「こんなことを自動化したいけど、どうフローを作成したらいいの?」などという場合はコメント欄にコメントをお願いします。私のできる範囲で回答したと思います。

コメント