スポンサーリンク
Excel作業を効率にしよう

エクセルでドロップダウンリストを作る|テーブルからドロップダウンリストを作る

ユーザを情報入力させる場合、でも一部のフィルードにマウスをクリックして出てくるドロップダウンリストから選択できるようにする方法を紹介します。またドロップダウンリストを作る場合テーブルでドロップダウンリストのアイテムを管理すると運用時にアイテムの削除、変更、追加がある場合非常に楽になります。
Power Automate Desktop

Power Automate DesktopでExcelの操作を自動化する方法[#3]-ダイアログボックスの表示

前回「Power Automate DesktopでExcelの操作を自動化する方法[#1]」で作成したフローを「ファイルの保存先を選択」できるように修正し汎用的に使用できるフローの作成方法を紹介しています。また、最後には作成したフローをコピーできるようにしていますので是非見てください。
Excel作業を効率にしよう

エクセルで「開発」タブが表示されない?の対処方法|VBA エディターを開く方法

エクセルで「開発」タブが表示されない時の対処方法を記載しています。さらにVBAコードを書くエディタを開き、コードの実行するところまで紹介します。
Power Automate Desktop

Power Automate DesktopでExcelの操作を自動化する方法[#2]

前回紹介した「Power Automate DesktopでExcelの操作を自動化する方法[#1]」の続きでPower Automate Desktopを用いてExcelの操作自動化を行います。今回は【Sheet名の変更】【Sheetの追加】【Sheetの削除】の操作自動化を行う方法を紹介しています。
UTM

UTMでMacbookからWindows10にファイルをコピー、ペストする方法|ホストマシンのディレクトリを仮想マシンからアクセスを許可

UTMにインストールした仮想マシンWindows10にホストのMacbook M1のファイルを共有したり、コピー、ペストしたりできるようにする方法です。そして、UTMでホストマシンのディレクトリを仮想マシンからのアクセスを許可する方法もこちらに記載しております。
Power Automate Desktop

Power Automate DesktopでExcelの操作を自動化する方法[#1]

前回Power Automate DesktopでWebブラウザの自動化を紹介しましたが、この記事ではPower Automate Desktopを使用したExcelの操作自動化を行う方法で【Excelの起動からデータを書き込み保存して終了】【Excelファイルを読み込む】のフロー作成について紹介しています。
UTM

M1チップのMacBookにUTMを使って、Ubuntu 20.04をインストールしてみた

M1チップ搭載のMacにUTMを用いてUbuntu 20.04とUbuntu Desktop版をインストールする手順を紹介しています。
Power Automate Desktop

Power Automate Desktopで作成したフローをコピーする方法

前回の【Power Automate DesktopでWebブラウザの操作を自動化する方法[#1]】や【Power Automate DesktopでWebブラウザの操作を自動化する方法[#2]】の記事で、作成したPower Automate Desktopのフローを共有やコピーする手順について紹介します。
UTM

M1チップのMacBookにUTMを使って、Windows 10をインストールしてみた

M1チップ搭載のMacにUTMを用いてWindows 10をインストールする手順を紹介しています。
Power Automate Desktop

Power Automate DesktopでWebブラウザの操作を自動化する方法[#2]

前回の記事「Power Automate DesktopでWebブラウザの操作を自動化する方法(#1)」の続きでPower Automate Desktopを用いてWebブラウザの自動化を行う方法を紹介しています。 今回は【入力欄にデータを入力】と【Webページ内のボタンをクリック】について紹介します。
スポンサーリンク